電力自由化による諸費用の削減と期待されるサービス

もうじき電力自由化が始まりますね。私たち消費者にとって、これはどんなメリットがあるのでしょうか?そこで今回はすぐには始まらなかったとしても、こんなサービスがあれば電気会社を変えることを考えるというものを考えましょう。お得が大好き!!主婦が絶対に惹かれるサービス

 

最初のサービスは、電力自由化によってサービス料金の支払いをまとめることができるようになることです。

電力自由化19
例えばインターネット料金、ガス料金と共に電気料金をまとめることができます。しかしここで取り上げたい点は少し違います。例えばガソリン料金などの費用もまとめることができると、とてもお得になるとは思いませんか?もしクレジットカード会社などが電気自由化に参入したとします。そうなると私たちの周りのサービスの諸費用のほとんどをまとめることができ、それによってサービス料金が全体的に安くなることが考えられます。またこれは社会的にもメリットがあります。特にガソリン料金が結果的に安くなることで、多くの人が、さらに旅行などに出かけるでしょう。そのことで日本各地で多くのお金が使われ、日本経済が潤うようになるのです。

 

次にあってほしいサービスは、マンションやアパートなどの集合住宅の家賃が安くなることです

電力自由化20
今でも光熱費込の賃貸サービスが存在しています。しかしもし電力自由化によって電気料金などの光熱費が安くなった場合、家賃などの諸費用も安くなる可能性が高くなります。家賃が下がれば、さらに暮らしやすくなりますよね?この点も多くのメリットがあります。

 

3つ目のあってほしいサービスは、電力自由化によるインターネットサービスの低料金化です。

電力自由化21
もしインターネット関連の会社が電力事業に参入した場合、そのサービス料金自体を下げることを期待したいと思います。例えばそのサービス(例えばオークションサービスや販売や配送サービスなど。)の会員になると毎月いくらかの会員料が発生するとします。しかしその会社と電気を契約するなら、その会員料金が無料に、または値下げすることが可能になるのではないでしょうか?その代わりにその会社は会員に定期的に広告メールなどを送ることができます。会社はさらにサービスを宣伝、拡大できるわけです。これは消費者、会社にとって双方の益があると言えます。

 

最後に期待したいのは、公共の交通機関が電力自由化に参入することです。

電力自由化22
例えば飛行機会社が、電気事業に参入したとします。その契約者は非契約者よりもマイルを効率的に貯めることができます。そしてそのマイルを旅行や電気料金にも還元できるようにするのです。そうすれば、たとえ旅行になかなか行くことができない消費者にとってもメリットがあることでしょう。このように電力の自由化は多くの可能性を秘めています。ぜひ電力自由化によって私たち消費者、また企業にとってもより良いサービスができることを願っています。