電力自由化の乗り換えるきっかけについて

2016年日本で実施される様になった電力自由化、今までは各地方の電力会社が電気を提供していて、関西電力や東京電力といった県を管轄している会社と契約する事により電力を供給していました。

しかし、原子力発電の問題性や電気料金の増大等、消費者は電力会社に対して選択する事ができずに、納得せざるを得ない形で電力会社と契約していました。

それに対して、電力会社は夏や冬といった電気の利用頻度が高くなるシーズンになると節電の協力報道や原子力発電に対しての半強行運行を行う等、様々な分野で私たちの家庭や環境を苦しめてました。
電力自由化6

そんな中で2016年に電力自由化を施行される事により、私たち消費者は電力を選択する事が出来るようになります。

しかし、従来の電力会社では安定に供給する事を義務化されていて、料金を上げてまでも安定した供給を実現する事が出来ていましたが、自由化により供給の義務化も排除されるので、供給の心配があります。
新規参入の会社も参入される中、私たちはその電力会社を契約していけばいいのでしょうか?

 

電力の自由化により私たちの価値観も変わると思われます。

例えば今までは、特に意識せずに使っていましたが、自由化になると安い所や安心した供給を行える会社、電気以外でのサービス等で電気は一種の商品という感覚として感じてしまうのではないでしょうか。
そして各電力会社も色々サービスを行うことも予想されています。例えば、ソフトバンクやau電気などの携帯会社は、新規契約者の獲得の為に携帯料金の割引を行ったり、契約中のみにタブレットやネットサービスが無料で提供されたりと色々な分野からのサービスが実施される事があれば乗り換えてもいいんじゃないでしょうか?
電力自由化7
自動車のガソリンの会社でもあるエネオスもまた電気提供を行うので、仕事までの方法が自動車で通勤する方や日ごろ自動車を動かしている方などに向けたサービス(ガソリン何円引きや洗車無料など)を付けたプランでサービスを行うことでしょう。
電話会社でもケイ・オプティコムが参入を発表しているので、仮に新規契約を獲得するならば電話料金の値引きやインターネットなどの通信環境の提供等、インターネットで仕事している方や、パソコンを常に触っている方などでは嬉しいサービスの提供が予想されます。
私たちが日常生活の中でプラスになるサービスがついている電力会社ならば、契約をそちらに乗り換えて利用することの方が良いのかもしれませんね。

 

 

トップへ